ヘルペスを治療しましょう
2018.04.02 この記事は約345秒で読めます。

ヘルペスの薬は病院以外で購入できます!

ヘルペスの薬に関して、以前は病院で処方してもらうしか方法がありませんでした。
しかし今は少し便利になり、軟膏やクリームといったものに関しては、ドラッグストアなどで購入することが可能となりました。

自宅や職場の近くで購入することができれば早く治療を始めることができて便利ですが、いくつか注意する点があります。
まずは、ドラッグストアで購入できるものはヘルペスに初感染の場合は使用できないという点です。
というのも、売られているお薬が再発治療薬というもので、過去にヘルペスにかかって軟膏を使って治療していた経験がある人が、また同じ症状が出てしまったという場合に使用するための薬だからです。

もう一つの注意点は、これらの市販薬が第一類医薬品であるということです。
つまり、薬剤師が管理するドラッグストアでなければ購入することができません。
店によっては薬剤師が時間によって不在の場合があるので事前に確認をしておきましょう。

とはいえ、ヘルペスは発症してからいかに早く治療を始めるかが肝心になり、初感染でも遅くとも5日以内、再発の場合は更に時間制限が厳しくなり数時間以内に治療をしなければ回復が遅れると言われています。
そのため、きちんと時間を作らなくてはいけない通院をその時間制限に間に合わせることは難しいので近所のドラッグストアで買うことが出来れば便利です。

また、以前にヘルペスにかかったことがあり、今後も不安だから置き薬としてヘルペスの薬を置いておきたいという場合はネット通販という方法があります。
普段ネットで買い物をする時に使うAmazonなどでも売られているのでそこから買うという手もありますし、もう一つ個人輸入という方法もあります。
個人輸入を代行してくれるネット通販のサイトを利用すれば日本では病院でしか処方してもらえない薬を合法的に入手することもできます。
この場合、日本の病院を通していないので全てにおいて自己責任になるということだけは覚えておきましょう。

再発が多いヘルペスには事前に薬を用意しておく

多いヘルペス治療は、従来病院や診療所などの医療機関で処方された処方箋薬による薬物治療が行われていましたが、医薬品の個人輸入に関する規制緩和が行われた事で便利なネット通販でも治療薬を購入出来る様になりました。
再発に備えて置き薬として購入する感染患者も多くいます。
ヘルペスは、感染細胞内でウイルスの増殖に必要な構成基質を感染細胞に再合成させ、増殖したウイルスは遊離拡散時に感染細胞の細胞膜で全身を覆うので感染患者の細胞に非常に侵入しやすいのが特徴です。
その為、現在の抗ウイルス薬では体内のウイルスを完全に死滅させる事が出来ないので、一度感染すると何度でも再発する感染患者も多くいます。
ヘルペスは、再発を繰り返すほど再発時の症状が軽症化する傾向がありますが、再発を繰り返すうちに前兆症状を感じる様になる感染患者も多く、本格的に症状が出る前に対処するために置き薬として保有する感染患者もいます。

性器ヘルペスは、再発を危惧する精神的な負担やパートナーへの感染防止を目的として再発抑制治療が行われていますが、1年間に6回以上再発を繰り返す感染患者にのみ保険適用で治療を受けられる法律があります。
一方、再発が年間6回以下の感染患者は100%自己負担の自由診療となるため、ネット通販などで購入して治療するケースが増加しています。
再発抑制治療は、8週間~最長1年にも及ぶ治療なので保険適用でも経済的負担が大きいです。
そのため、安価に入手できるネット通販などで定期的に購入することにより、置き薬として治療を継続する感染患者が多いのも事実です。
ヘルペスは、本格的に症状が発症する前や症状が重症化する前に服用するほど治療期間が短縮でき、辛い症状に苦しめられる事も無いので何時でも服用出来る様に置き薬として備えておくのも賢い選択の一つです。