ヘルペスを治療しましょう
2018.04.05 この記事は約338秒で読めます。

性病に感染しないための注意点のまとめ

性病に感染してしまえば治療の必要がありますし、命にもかかわるような大きな病もありますので、感染しないように注意が必要になります。
性病に感染している相手とセックスをする事によって、感染の危険が出てきますので、セックスする相手は自分のパートナーだけに限定しておくといいでしょう。

しかし、パートナーを信じたい所ですが、浮気の可能性もありますので、完全にパートナーであれば大丈夫と信じ切るのは危険です。
パートナーとセックスをする時でも感染予防につとめるようにし、自分の体は自分で守っていかなくてはなりません。

性病感染予防の有効的な方法は、使用期限内のコンドームを使用する事です。
コンドームを購入したら保管場所にも気をつけて保管しなくてはなりませんが、いつでも使えるようにと財布などに携帯しておくのは危険です。
財布に携帯していた場合、傷がついてしまう危険性がありますので、使用時に正しく装着が出来なくなってもいけません。
傷をつけないためには、ハードケースなどに入れて保管するようにし、持ち運びには気をつけておきましょう。

他にも感染予防に有効的なのは、セックスをする前にお互いがシャワーを浴びて清潔にしておく事です。
自分だけがきれいにしていても意味がありませんので、お互いが体を綺麗に洗い清潔を保つようにしましょう。
傷口などがあれば、そこから感染をする事もありますので、傷口がある時にはセックスをしない方が安全です。

コンドームをつけてシャワーを浴びておけば安全と考えがちですが、これだけでは完全に大丈夫とは言い切れません。
注意点としては、体の抵抗力が弱っている時にも注意が必要です。
体の抵抗力が落ちている時は、普段以上に感染の危険性が高まりますので、疲れていると自覚出来るような時には避けておきましょう。
自分の体を守れるのは自分だけですので、相手にばかり頼るのではなく、自分自身で感染予防をしていかなくてはなりません。

コンドームにも使用期限があるので気を付けよう

性病の予防をある程度期待できるということで、コンドームを使用しているという人もたくさんいます。
しかし、そのコンドームの使用期限までもいつも気にかけている人というのはあまりいません。
性病の感染を防ぐ力というのも、この使用期限が万全でない場合には期待できません。
この重要な注意点は、必ずといって良いほどにコンドームのパッケージなどに記載されているのですが、それをきちんと把握できていないという人のほうが多数です。

もしも、いま初めてコンドームの使用期限について意識したという人がいるならば、今すぐにでもコンドームの保管場所に行って確認するべきです。
なぜなら、いざセックスをしようというときになって初めて、パッケージにある小さな説明文をはじめから読むということは、なかなか難しいものだからです。

こういったコンドームの管理というのは、つい使用期限を忘れてしまったりしがちですので、もしも不安な人は自分のよく見るカレンダーに何か印をつけておくとか、それが恥ずかしいというようなら自分だけが見るスケジュール帳などに、こっそり記入しておくといいです。
そうすれば、いま自分が持っているコンドームがもうすぐ期限が切れるから、新しいものをそろそろそろえておこうなどというように、余裕をもって準備できるからです。

コンドームを購入するのは、おもに男性が多いですので、やはり女性は男性に任せきりになることが一般的です。
しかし、最近では自分の身は自分で守りたいという女性が自分で持ち歩くということも少なくないようです。
そうすることによって、効力が落ちてしまった使用期限切れのコンドームを使用してしまうという悲劇に遭遇しないですむのです。